高く売却するコツ

不動産売却する際にできるだけ高く売るためのコツを紹介します。ポイントは5つですので、しっかりチェックしてくださいね。

高額査定をしてもらうための高値不動産売却5つのコツ

高額で売却するための5つのコツをわかりやすくまとめていきます。

価格設定は、交渉の余地を残しておく。

売出価格の額に絶対的にこだわらないこと。むしろ価格交渉されるものだと思って、価格レンジを想定した価格設定にしておきましょう。価格レンジは売りたい最高額と下げられる最低額になります。

もし売却まで時間の余裕があれば最高額を狙ってもいいですし、近々に売却を考えている場合は、買い手がつけば売却額よりも時間を優先して考えるべきです。

不動産マーケットを知ってから、査定を依頼。

自分の物件と同じような間取り、家の状態、見た目、土地の広さ、ロケーションの物件の売買価格を予め調べておくこと。スピード重視で売却を考えているなら、それらの競合物件よりも高い価格で売り出しても、成約する可能性は低くなってしまいます。

査定をすれば自己物件の売り出し価格がはっきりしますが、この時複数の不動産業者から見積り依頼をすることを忘れずに。また査定は無料でやっている不動産会社もありますが、費用がかかる場合もあります。依頼する時に確認してください。

さらに提示された価格は、マーケットの一時期での査定結果です。不動産市況は刻一刻と変化しています。いつまでその価格が有効であるか明示してもらいましょう。

売出物件はとにかくきれいにしておく。

中古物件といえど、買い手はできるだけキレイな物件を購入したいと思うはず。見た目の汚れや臭いはそのまま売却額にも影響をあたえますので、しっかりときれいにしておきましょう。

常日頃から掃除しておくことはもちろん、水廻りの垢やタイルの汚れなどもこの際大掃除するようにピカピカにしておいてください。古い物件でも清潔感を保っていれば、好印象になりますからね。

できれば複数の買い手を見つける。

複数の買い手がいれば、それだけ条件や価格交渉などで競争原理が働くため、有利に交渉が進められます。

売却前に次の家の購入は控えましょう。

もし売却する家にローンが残っている場合は要注意。住宅ローンを抱えて、次の家を購入することは2重にローンを抱えることになり負担が大きく危険です。またどうしても売らなければならない事態を買い手側が察知すれば、売却価格を下げる交渉を余儀なくされてしまいます。