高く売却するコツ

不動産売却する際にできるだけ高く売るためのコツを紹介します。ポイントは5つですので、しっかりチェックしてくださいね。

高額査定をしてもらうための高値不動産売却5つのコツ

高額で売却するための5つのコツをわかりやすくまとめていきます。

価格設定は、交渉の余地を残しておく。

売出価格の額に絶対的にこだわらないこと。むしろ価格交渉されるものだと思って、価格レンジを想定した価格設定にしておきましょう。価格レンジは売りたい最高額と下げられる最低額になります。

もし売却まで時間の余裕があれば最高額を狙ってもいいですし、近々に売却を考えている場合は、買い手がつけば売却額よりも時間を優先して考えるべきです。

こちらができるだけ高く売りたいと思っているのと同じく、買い手側もできるだけ安く購入したいと思っています。購入希望者が複数見つかったのであれば無理に価格を下げる必要はありませんが、自分の設定した満額以外では絶対に売らないと決めつけてしまうと買い手を逃すことにもつながりかねません。

自分の希望している金額ではなかなか買い手が見つからず、仕方なく値下げをすることもあるでしょう。しかし、不動産を探している方は長期間にわたり物件情報をチェックしているため、値下げをすると「待っていればもっと値下がりするかも…」と思われてしまうこともあるのです。

値下げをしてしまうと「値下げをしなければ売れない不動産」と判断されてしまう可能性もあるため、買い手が見つかった際には逃がさないように交渉の余地を残した価格設定を行うことが重要です。

不動産マーケットを知ってから、査定を依頼。

自分の物件と同じような間取り、家の状態、見た目、土地の広さ、ロケーションの物件の売買価格を予め調べておくこと。スピード重視で売却を考えているなら、それらの競合物件よりも高い価格で売り出しても、成約する可能性は低くなってしまいます。

査定をすれば自己物件の売り出し価格がはっきりしますが、この時複数の不動産業者から見積り依頼をすることを忘れずに。また査定は無料でやっている不動産会社もありますが、費用がかかる場合もあります。依頼する時に確認してください。

さらに提示された価格は、マーケットの一時期での査定結果です。不動産市況は刻一刻と変化しています。いつまでその価格が有効であるか明示してもらいましょう。

業者を比較せずに1社のみに限定して査定を依頼すると、そこで提示された金額が高いのか安いのかわかりません。しかし、高ければ高いほど良いとは言えないのです。他社に比べて余りにも高い金額を提示してきた場合、何を根拠にその査定額を付けているのかよく確認しましょう。

あまりにも的外れな金額を提示された場合はそこにお願いしたとしても短期間で売却できない可能性もあります。もちろん、過去の販売実績や自社のデータに基づいて算出された金額であれば高い方が良いといえるでしょう。

売出物件はとにかくきれいにしておく。

中古物件といえど、買い手はできるだけキレイな物件を購入したいと思うはず。見た目の汚れや臭いはそのまま売却額にも影響をあたえますので、しっかりときれいにしておきましょう。

常日頃から掃除しておくことはもちろん、水廻りの垢やタイルの汚れなどもこの際大掃除するようにピカピカにしておいてください。古い物件でも清潔感を保っていれば、好印象になりますからね。

だからといって高いお金をかけてリフォームすると損をしてしまうケースもあります。確かにリフォームしてキレイにしておいた方が買い手は見つかりやすくなりますが、100万円の費用をかけてリフォームしたからといって100万円以上高く売れるとは限らないのです。

それならばリフォームをせずに100万円安く売った方が買い手が見つかりやすくなる可能性もあります。近年は自分たちで好きにリノベーションするためにあえて中古物件を選択する方も増えてきました。

そういった方にとってはリフォームしてある物件だと逆に選択肢から外れてしまう可能性もあるのです。まだ不動産に住んでいる段階で買い手を見つけるために動くこともありますよね。その場合、家の中に荷物がある状態で内覧などをしてもらうことになるわけですが、こういったケースでは家の中に荷物がごちゃごちゃしていると狭く見えてしまいがちです。

内覧可能な部屋を決めておき、不要な荷物などは内覧NGの部屋にまとめておくなどの対策を取ってみましょう。

できれば複数の買い手を見つける。

複数の買い手がいれば、それだけ条件や価格交渉などで競争原理が働くため、有利に交渉が進められます。

では複数の買い手を見つけるためにはどうすれば良いのかというと、不動産会社の強力が必要です。ホームページや新聞広告、チラシなど、様々なところで不動産を宣伝してくれる販売力のある不動産会社を選びましょう。

思うように買い手が見つからない場合、不動産会社がどのような方法で宣伝を行ってくれているのか確認してみてくださいね。選択する不動産会社によって行える宣伝方法は違ってきますが、いざ仲介をお願いしてから販売力がないことに気づいたとしても遅いので、事前に確認しておくことが重要です。

複数の買い手が見つかって価格競争が起きれば設定していた以上の金額で買い手を見つけることも不可能ではありません。ただし、相当条件の良い物件でなければ設定していた価格以上になることは珍しいので、あまりに期待しすぎないようにしましょう。

売却前に次の家の購入は控えましょう。

もし売却する家にローンが残っている場合は要注意。住宅ローンを抱えて、次の家を購入することは2重にローンを抱えることになり負担が大きく危険です。またどうしても売らなければならない事態を買い手側が察知すれば、売却価格を下げる交渉を余儀なくされてしまいます。

不動産の売却が決まってからゆっくり家の購入をするように準備を整えておけば、買い手側から無理な価格交渉をされたとしても応じる必要がなくなります。先に家を購入してしまうと焦って買い手を見つけようと考える方も多くなるため、下手に出なければならないケースもあるでしょう。

できるだけ自分にとって有利な形で交渉を進めるためにも先に家を購入するのは避けておいた方が良いです。

ちなみに太陽光発電投資を売却する場合のコツはこちらから

手持ちの太陽光発電所の価値は目減りしている?高値で売却するために