必要な費用と税金

不動産売却をした際には、様々な費用や税金がかかります。最終的に手元にいくらくらいの金額が残るのかをあらかじめ計算して知っておけば、いざお金の過不足といった問題で慌てなくて済みます。

不動産売却にかかる費用

お金 写真

仲介手数料(仲介の場合)

仲介手数料は不動産の売却が成立した場合に、不動産会社に支払う費用になります。仲介手数料は上限額が決められていて、取引額が200万円以下なら5%以内、200万円〜400万円なら4%以内、400万円を超える金額については3%以内となっています。

もし売却価格が1,000万円だとすると、仲介手数料はどのようになるか具体的にみてみましょう。

  • 200万円×5%=10万円(200万円までの部分)
  • 200万円×4%=8万円(200万円超400万円までの部分)
  • 600万円×3%=18万円(400万円越えの部分)

この合計額が36万円となり、この額に消費税を上乗せした額が仲介手数料の上限になります。

なお1,000万円を超える不動産については、「売却額×3%+6万円+消費税」の公式で仲介手数料の上限額が計算できます。

印紙代…売買契約書に貼付する印紙の費用です。ちなみに3,000万円の契約なら1万5,000円の印紙代がかかります。詳しくは国税庁のホームページで確認できます。

広告費…通常は不動産会社の負担になります。

ローン抵当権抹消登記…担保権の抹消や住所が移動されている場合には必要です。一般住宅の場合は2〜10万円くらいです。

引越費用…忘れてはならない引越にかかる費用も見積もっておきましょう。

不動産売却にかかる税金

不動産の売却によって得た譲渡益については、譲渡所得として所得税と住民税が課税されます。計算式は以下の通り。

  • 譲渡所得金額=譲渡価額ー(取得費+譲渡費用)ー特別控除

ただし、マイホームのような居住用財産の場合には、3,000万円の特別控除、買い換えの特例、マイホームを売却した場合の軽減税率といった様々な特例や控除があります。

売却で損失が出た場合は、一定の要件を満たす場合、譲渡損失を他の所得から差し引くことができる「譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」が受けられます。