HOME » 知っておくべし!不動産売却の基礎知識 » 不動産売却の販売活動

不動産売却の販売活動

不動産の売却を成功させるためには販売活動を行わなければなりません。ただ、初めて不動産の売却を行おうと思っている方は販売活動といっても具体的に何をするのかわからず、不安に思っている方もいるかもしれません。

ここでは売却時どのような販売活動が行われるのかについて紹介しましょう。

不動産売却で行われる販売活動について

そもそも、販売活動は何のために行うのかというと、より理想に近い条件で売却を成功させるために行います。一般的には広告活動がメインとなっており、不動産会社のホームページ上に情報を掲載するほか、チラシを配る、折り込み広告として入れる、看板を立てるなどさまざまな方法があるのです。

ホームページ上に情報を掲載する

インターネットを使って不動産の情報収集をしている方は非常に多いです。そのため、販売活動の基本はここにあるといえるでしょう。

ポスティングなどに比べると広い範囲に対して情報を発信できるので、より多くのお客さんを見つけやすくなるのが魅力です。不動産会社のホームページのみに掲載されている形だと情報力は強いとはいえません。不動産ポータルサイトなどにも情報を掲載し、買主を探します。

新聞折り込み

こちらも実践している不動産会社が多いです。近年は新聞配達を依頼するところが減ってしまいましたが、それでもインターネットが苦手な高齢の方などは新聞の折り込みを中心に不動産を探すこともあります。

ただ、ホームページよりも掲載できる情報量が少ないこともあり、十分な情報が掲載できるとは限りません。

ポスティング

新聞折り込みと並行して行うところもあれば、新聞折り込みよりもポスティングに力を入れている不動産会社もあります。ポスティングの大きな魅力といえるのが、範囲を絞って効果的に宣伝ができるということ。

広範囲に宣伝をするのには向いていませんが、大々的に新聞折り込みをするのに比べると費用を抑えられる可能性も高いです。

レインズ

あまり聞きなれないかもしれませんが、これは不動産業者相互間で行う不動産物件情報交換システムのことをいいます。レインズに登録をすると、他の登録している不動産会社に対して売却物件の情報を届けられるのが魅力です。

取り扱っている不動産の情報が他社に知られるといったデメリットがあるため、レインズに登録していない仲介会社もあります。不動産会社に販売活動について確認する際には、レインズに登録しているかについても確認しておきましょう。

レインズは国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているシステムということもあり、信頼度は高いです。

また、専属専任媒介契約・専任媒介契約広告の場合はレインズへの登録が義務になっています。

業者によって販売活動の内容は異なる

どのような販売活動が行われているかは各不動産会社によって大きく異なるので、内容についてよく確認しておきましょう。特に売り出しを始めたにも関わらず、ほとんど問い合わせがない場合は不動産会社が行っている販売活動に問題がある可能性も考えられます。

もしもその不動産会社が行っている販売活動に納得できない、信頼できないと感じているのであれば他の不動産会社に依頼することも検討した方が成功率は高くなるでしょう。

販売力の高い不動産会社は効果的な販売活動を行っています。

ホームページに掲載しているといわれても、その中身が悪いようであれば意味がありません。例えば、魅力的な家の中の写真を一切掲載せず、間取りや外観のみを紹介しているようでは買主も検討しにくいですよね。

販売活動に疑問がある方はしっかり質問をして解消しておきましょう。