HOME » 知っておくべし!不動産売却の基礎知識 » 不動産売却のメリット・デメリット

不動産売却のメリット・デメリット

不動産を売却する際にはメリットばかりを考えてしまいがちです。予想よりも高く売れれば得をするのは確かですが、不動産売却をする際にはメリットだけでなく、デメリットについても考えておかなければなりません。

今持っている不動産を売却しようと思っているけれど、まだ決心がつかない…という方もいるはず。そういった方のために、チェックしておきたいメリットとデメリットについてご紹介します。

不動産売却のメリット

大きなメリットは不動産を売却することによってまとまった現金が手に入るということ。特に生活が困窮している場合、不動産売却では大きなお金も入るので生活の立て直しに繋がるでしょう。

住宅ローンの返済に困って不動産売却を決める方は少なくありません。こういったケースでは、ローンが返済できないことに対して強いストレスを感じてしまうはず…。思い切って売却をしてしまえばそういったストレスに悩まされることもなくなるので、精神的にも楽になるでしょう。

売却で得た費用でローンが完済できる場合は、こちらも大きなメリットです。

それから、高額な固定資産税や都市計画税に悩まされていた場合、こちらの悩み解消にも繋がりますね。

特に老朽化している家の場合、定期的にメンテナンスをしなければなりません。この費用が思っていた以上にかさみ、どんどんデメリットが大きくなっている方もいますが、思い切って売却してしまえば維持費が不要になります。

また、遺産分割の際に不動産の売却を検討する方も多いです。不動産のままでは正確な価値がわからず、兄弟などでうまく分割ができません。しかし、現金にしてしまえば金額がはっきりするので、トラブルも少なくなるでしょう。

ただ、このあたりは相続する人たちとよく話し合いをしたうえで決める必要がありますね。

不動産売却のデメリット

結論から言うと、不動産を売却するデメリットはそれほどありません。メリットの方が大きいといえるでしょう。

あえてデメリットを挙げるとすれば、一般的に不動産を売却する際には不動産会社を通すため、こういった業者に支払う仲介手数料などの費用が発生します。仲介手数料以外にも印紙税や測量費などもかかるのです。売却するとなればさまざまな手続きをしなければならないので、こういったことを面倒に感じる方にとってはこれもデメリットだといえるでしょう。

それから注意しなければならないのが、現在住んでいる不動産を売却して新しい不動産を購入したり、賃貸物件に入りたいと思っている方です。この場合、次の住まいの準備を整えなければなりませんよね。

賃貸物件に入る予定であればそれほど問題ないかもしれませんが、前に住んでいたマイホームを売却し、そのお金で新しい家の購入を検討していた方の中には思うように住宅の買主が見つからず、新居購入がスムーズに進まなくなることもあります。

特に前の住宅でローンが残っていた場合、売却さえできればそれで完済できるけど、買主が見つかるまでの間は新居とのダブルローンを支払う結果になることもあるので注意しておきましょう。

また、売却しようと思っている不動産で賃貸収入を受けていた方の場合、売却してしまえばこういった利益は受け取れなくなります。ただ、売却を検討するようなケースではすでに家賃収入による利益よりもメンテナンス費用の方が上回っていたり、建物が老朽化しているためにそのまま賃貸として貸し出すのが難しい状態にあるケースが多いです。