売却の流れ

不動産売却をする意志を固めたならば、不動産会社に行く前に、大まかな売却までの流れについてイメージできるようにしておきましょう。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れを順番に紹介していきます。

所有物件の相場を知る

不動産情報サイトや近くの不動産会社などの広告で、自分が所有する物件に似た条件の不動産の相場価格を探ります。いくらくらいで売れるものか、予め目安をたてておくことが重要です。

事前にいくらくらいで売れそうか情報を集めておくと不動産会社探しも楽になるでしょう。不動産の売却を成功させるためには信頼できる不動産会社を探さなければなりません。自分にとって納得のいく形で売却できるかどうかは不動産会社にかかっているともいえるでしょう。

不動産会社を選定し、査定依頼する。

信頼できる不動産会社をみつけることが、不動産売却を成功させるポイントです。会社の評判や情報を収集して、信頼できると思える会社を複数社選び出して、実際の物件の査定をしてもらいましょう。

この時相場価格との値幅の違いを見極め、差が大きく出る場合は、その理由もしっかりと説明を受けるようにしてください。

比較する不動産会社は多いほうが良いです。比較する業者が少な過ぎると相場も正確にわかりません。

不動産会社と契約

不動産会社へ売買の仲介か買取を正式に依頼する契約を結びます。仲介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」と3種類あります。どの種類の契約を選択するかは、ご自身の売却方針を踏まえて検討してください。

  • 専属専任媒介

    一つの不動産業者のみに仲介を依頼する方法で不動産会社は週に1回以上は売却活動に関して報告を行わなければなりません。また、売主が自分で購入希望者を見つけるのは禁じられています。契約の有効期限は3ヶ月以内です。

  • 専任媒介

    一つの不動産会社のみに仲介を依頼する方法で不動産会社は2週間に1回以上状況報告を行わなければなりません。こちらの方法は専属専任媒介と違って自分で購入希望者を見つけることも可能です。こちらも契約の有効期限は3ヶ月以内となります。

  • 一般媒介

    複数の不動産会社に仲介を依頼できる方法です。他の方法とは違い、報告の義務はなく、購入希望者を自分で見つけることも可能となっています。契約の有効期限は制限がありません。 仲介を不動産会社に依頼する場合、必ず仲介契約を結ばなければなりません。契約の締結を行うことによって様々な権利や義務が発生する状態になります。

不動産を売り出す

不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて売出価格を決定し、売り出します。

あまりにも的外れの金額で売りに出してしまうと買い手が見つからないので不動産会社とよく相談した上で最適な売り出し価格を決定することが大切です。 売り出しを開始した後は不動産会社がチラシを配布したりWebサイトで紹介するなどの販売活動を行ってくれます。

買主との交渉

売り出した物件に買主があらわれたら、価格を含めた条件交渉をしていきます。

売主に金額や条件の希望があるのと同じく、買主にも様々な希望があります。希望をすべて聞くのは難しいかもしれませんが、お互いに妥協点についてよく話し合いをしましょう。 ここの話し合いを怠ってしまうと後から大きなトラブルに繋がる可能性もあるので注意してくださいね。

また、実際に購入希望者が現れたら内覧を行ってもらうことになるので、不動産の掃除などは事前に済ませておかなければなりません。どれだけキレイにしておけるのかによって買主が受ける印象は異なってくるので、できるだけ内覧で良い印象を持ってもらえるように準備を整えておきましょう。

特に水周りを中心にチェックする方が多いので、家全体の掃除を念入りにするのは難しかったとしても水周りだけはきれいにしておくのがおすすめです。

自分が住んでいる家はニオイを感じにくいので、消臭も忘れないようにしてくださいね。 内覧希望者が見つかったらできるだけ購入希望者の希望日に合わせて内覧ができるように調整した方が印象が良いです。

物件情報の開示義務

不動産売買契約締結後にトラブルが発生するのを防止するために、物件の不具合や欠陥については全て開示しておく必要があります。不動産会社が仲介する場合は、「重要事項説明」という制度に基づいて詳細な物件説明を買主にしてもらえます。

買主との交渉と同じく、こちらも正確に行っておきたいことです。売主が把握している不具合があるにもかかわらず、それを伝えないでしまうとトラブルが発生したり、契約自体がなかったことになってしまう場合もあります。 トラブルを避けるためにも誠実に対応してくださいね。

売買契約の締結

売買条件を合意したら、買い主と売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10~20%程度の手付金(契約金)を受け取ります。

買主と売主との間で決めておかなければならない細かいことについては売買契約の前の段階ですべて済ませておくことが大切です。売買契約をする際にお互いの希望を言い合うのではなく、これは売買契約の前に済ませておく必要があります。 また、仲介手数料の半額もこの時に支払うので準備しておきましょう。

引き渡し

売買代金の受領と同時に、抵当権抹消や所有権の移転などの登記申請を行ないます。細かな住宅設備・備品等の取り扱いなどについても、後々のトラブルを避けるために、買い主と現地で立ち会いのもとで確認をしっかりとするようにしてください。

住宅ローンが残っている不動産を売却する場合、一般的には不動産会社が様々な手配を行ってくれます。また、鍵の引き渡しは売買決済と同時に行うことになるので用意しておきましょう。 これらがすべて済めば不動産の売却は完了です。後からトラブルにならないためにも、気になることやわからない事があったらできるだけ早い段階で不動産会社に確認を取っておきましょう。