売却の流れ

不動産売却をする意志を固めたならば、不動産会社に行く前に、大まかな売却までの流れについてイメージできるようにしておきましょう。

不動産売却の流れ

不動産売却の流れを順番に紹介していきます。

所有物件の相場を知る

不動産情報サイトや近くの不動産会社などの広告で、自分が所有する物件に似た条件の不動産の相場価格を探ります。いくらくらいで売れるものか、予め目安をたてておくことが重要です。

不動産会社を選定し、査定依頼する。

信頼できる不動産会社をみつけることが、不動産売却を成功させるポイントです。会社の評判や情報を収集して、信頼できると思える会社を複数社選び出して、実際の物件の査定をしてもらいましょう。

この時相場価格との値幅の違いを見極め、差が大きく出る場合は、その理由もしっかりと説明を受けるようにしてください。

不動産会社と契約

不動産会社へ売買の仲介か買取を正式に依頼する契約を結びます。仲介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」と3種類あります。どの種類の契約を選択するかは、ご自身の売却方針を踏まえて検討してください。

不動産を売り出す

不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて売出価格を決定し、売り出します。

買主との交渉

売り出した物件に買主があらわれたら、価格を含めた条件交渉をしていきます。

物件情報の開示義務

不動産売買契約締結後にトラブルが発生するのを防止するために、物件の不具合や欠陥については全て開示しておく必要があります。不動産会社が仲介する場合は、「重要事項説明」という制度に基づいて詳細な物件説明を買主にしてもらえます。

売買契約の締結

売買条件を合意したら、買い主と売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10~20%程度の手付金(契約金)を受け取ります。

引き渡し

売買代金の受領と同時に、抵当権抹消や所有権の移転などの登記申請を行ないます。細かな住宅設備・備品等の取り扱いなどについても、後々のトラブルを避けるために、買い主と現地で立ち会いのもとで確認をしっかりとするようにしてください。