HOME » 知っておくべし!不動産売却の基礎知識 » 空き家処分一番得する方法は?

空き家処分一番得する方法は?

空き家が放置状態になっている方の中にはそのうち何とかしなければならないと分かってはいるものの、踏み切れていない方も多いようです。何となく手続きも面倒な気がしますよね。

そこで、空き家を処分する際に最もお得な方法についてご紹介します。千葉市で不要な空き家を抱えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

空き家を処分するメリット

なんといっても大きなメリットといえるのが、固定資産税がかからなくなることです。住んでいない不動産に対して毎年固定資産税を支払うのはとてももったいないことですよね。処分してしまえばそういった費用はかからなくなります。

特に、空き家を残した状態で新しくマイホームを建てた方の場合、そちらの固定資産税も支払っている形になります。処分してしまえば二重で税金を支払う必要がなくなります。

また、残していた空き家が原因のトラブルに巻き込まれなくなるのも魅力です。何年も放置されていた空き家に人が侵入し火をつけ、近隣を巻き込む大きな火事に発展してしまった事件もありますよね。

空き家は不法侵入されやすいだけでなく、不法投棄場所にもなりかねません。誰も人がいないので防犯面でしっかりしているとはいえません。実際に近所に空き家がある近隣住民の多くはできるだけ早く処分して欲しいと考えているようです。

解体する場合はどうしてもお金がかかります。ですが、売却ができればまとまった現金も手に入るので、メリットは大きいといえるでしょう。

長年空き家にしてしまうと状態も悪化しやすく、いくら不動産の売買が盛んに行われている千葉市だったとしてもすぐに買い手が見つからないかもしれません。売却を検討している場合はできるだけ早めに済ませましょう。

空き家を処分するデメリット

何かの欠陥あって空き家状態になっている不動産の場合は住めませんが、そうでない場合は住むこともできますよね。例えば、子どもが大きくなったために一回り大きい家を購入したものの、子どもが大きくなって親元を離れたらその家を売却し、小さな元の家に戻ろうと考えている方もいるようです。

セカンドハウスとして空き家を残している方もいるので、売却するとこういった利用方法ができなくなるのはデメリットだといえるでしょう。

また、千葉市内は多くの方が住んでいるため、賃貸物件として貸し出せば家賃収入が期待できます。処分した場合にはこういった収入もなくなってしまいますよね。

今現在は特にお金に困っていないものの、将来的にどうなるかわからない…と不安を感じている方もいるはず。お金の問題が発生した際に売って、まとまった現金を得るために空き家のまま残している方もいるようです。

メリットで、売却ができればメリットが大きいとご紹介しましたが、空き家を解体しただけの状態では税金が上がるデメリットがあります。というのも、住むのを目的とした家屋が建っている場合は土地に対する固定資産税が低くなるのです。

家屋を解体して土地として売り出したもののなかなか買い手が見つからない…といった状態になると解体費用がかかったうえで、固定資産税や都市計画税も高くなるデメリットが挙げられます。固定資産税は6倍にもなるので、とりあえず更地にしてからゆっくり売れるのを待とう…と考えてしまうと予想外の出費を支払うことになってしまうかもしれません。

これを避けるためにできるだけ信頼できる不動産会社を見つけて早期で売却できるようにサポートしてもらいたいですね。