HOME » 知っておくべし!不動産売却の基礎知識 » 不動産売却の重要事項説明とは?

不動産売却の重要事項説明とは?

不動産の売却を行う際にはさまざまな決まりごとがあります。その中の一つが「重要事項説明書」です。略して重説と呼ばれることもあるのですが、こちらは不動産売却に関してさまざまなことが定められた重要な事項のこと。

不動産の売買を行う際には必ずこの重要事項説明書を交付して説明するように法律によって定められています。具体的にどのようなものかについて紹介しましょう。

重要事項説明書の内容とは?

重要事項説明書に書かれている内容はその物件に関する重要なものです。

具体的には権利に関することや法令上の制限、道路その他インフラ制限に関すること、契約に関する条件、区分所有建物に関することとなっています。

物件の所在地のほか面積や登記簿に関する内容なども掲載されているので、とても重要なものだということがわかりますね。

トラブルを避ける役割もある

重要事項説明書というのは、買主に対して行われるものです。そのため、売主は内容を確認しないケースもあるのですが、後々に発生するトラブルのリスクを抑えるためにも必ず内容を確認しておきましょう。

仮に自分が希望している売買の内容が不動産会社にうまく伝わっておらず、不動産会社が誤った情報を重要事項説明書に記載して買主に伝えてしまったとしましょう。この場合、なにかトラブルが発生した際には売主側に責任が問われる可能性もあるのです。

なお、重要事項説明書を作成したり、説明を行うのは売主ではなく宅地建物取引士となっています。説明をするのは宅地建物取引主任者資格試験に合格して登録を済ませている主任者証の交付を受けている方です。

説明をする際には資格を所持していることを証明する取引主任者証を提示するように法律で義務づけられています。

重要事項説明書には万が一契約が解除になってしまった場合にどのような対応になるかなども書かれているので、買主側だけでなく、売主側もしっかり内容を理解しておくことが重要です。

もしも後から何か自分にとって不利な条件をつけられたり、言っていない事を言ったと責められてトラブルになったとしても、契約の内容については重要事項説明書が証明してくれます。

重要事項説明書は省略してもよい?

例えば、買主側が不動産について非常に詳しい人で重要事項説明書の説明はめんどうだからいらないといわれることもあるかもしれません。しかし、必ず行うように法律で定められているものなので省くことはできないのです。

また、説明については電話やメールのみで済ませることも不可とされており、必ず買主に対して対面という形で宅地建物取引士が説明をしなければなりません。

重要事項説明書は売主と買主の双方で条件が合致した段階で作られます。

わからない事があったらしっかり質問をしておかなければなりません。事前に重要事項説明書のコピーをもらえる場合は不明点がないか一つひとつよく確認してみてくださいね。

専門用語が並ぶものでもあるため、全く不動産売買や各種取引について知識がない方がわからないことが出てくるのは当然のことです。

説明を行う立場にある宅地建物取引主任者は不動産関係の知識が豊富な方なので、理解できるまで質問をしてみましょう。不動産取引が初めての方にとってはわからないことばかりのはずです。重要事項説明書というと難しく聞こえてしまうかもしれませんが、丁寧に対応してくれる不動産業者を見つけたいですね。