売却時の注意点

家をできるだけ高く売るために、不動産売却における5つの注意点を紹介していきます。

できるだけ高く不動産売却するための5つのポイント

不動産売却には相場というものがありますが、それはあくまでも相場であって、物件の善し悪しで価格がかわってきます。できることならより高い値で売却をしたいとは誰もが思うもの。

ここでは不動産売却で損をしないために、より不動産を高く査定してもらうポイントをまとめました。

その1 相場は査定前に必ずチェックすべし!

不動産の売却を決めたら、つい不動産会社に連絡をとって査定してもらうことを急ぐ方が多いようです。でもね、ちょっと待って。査定前に自分の不動産が市場でどれくらいの価値があるものか、おおよその相場を知っておくことはとても大切なことです。

実際の査定・価格交渉などをする際に基準となる価格ベースがあるため、事前に相場を掴んでいれば、相手の言い値そのままで取引する事態が避けられます。

不動産相場はインターネットの物件情報サイトや近隣の不動産会社のチラシ広告などから、似たような物件の情報と照らし合わせればおおよその不動産物件価格は簡単にわかります。

その2 査定は複数の業者で相見積するべし!

不動産価格は、決まった数字(価格)ではありません。あくまでも相場と照らし合わせ、物件個々の価値を判断して決まります。ですから査定してもらう時は、複数の不動産会社に依頼してみてください。同じ物件でも査定額に開きがあることがわかるでしょう。

それと同時に自分の物件をより高く売り出してくれる不動産会社を見つけることにもなりますし、なによりも複数の不動産会社の担当者と話したり、交渉することで相場観や不動産売却市況といった多くの情報を知ることができます。

その3 不動産売却にかかる費用を知るべし!

不動産を売却するには仲介手数料やローン抵当権抹消登記、印紙代といった費用と譲渡所得税などの税金がかかります。

売却時に入ってくるお金と出ていくお金をはっきりと計算して、資金計画が頓挫しないようにしましょう。

その4 価格交渉は柔軟に応じるべし!

なかなか希望どおりの売却価格で決まる例は、実はそうありません。売却まで時間に余裕がある場合は、強気でいても構いませんが、それでも不動産市況は日々変化していくものです。売りたいのに売れない資産をいつまで持っていても、それは価値にはなりません。売れてこその不動産だと思ってください。

買主が興味を示していても価格の面でネックになっているようなら、価格交渉には応じる姿勢を示しておきましょう。

その5 価格以外にも買主の要望に応えるべし!

オーナーに柔軟な姿勢があり良い人という印象を与えるようにしてください。不動産売却取引においては売る人の人柄も、実は重要な要素になりますから。