HOME » 【エリア別】千葉市の不動産売却事例まとめ

【エリア別】千葉市の不動産売却事例まとめ

千葉市内を区毎に6つのエリアに分けて、地域情報や不動産売却事情をそれぞれ調査してみました。ぜひチェックしてみてください。

エリア毎にみる千葉市の不動産売却事情を調査

千葉市の地図千葉市を区毎に6つのエリアに分けて、それぞれの地域情報や不動産売却事例を調査してみました。区毎に紹介しているので、それぞれの地域で売却をお考えの方の参考になると思います。

千葉市は交通の便が意外とよい地域としても知られています。千葉駅からは、中央総武線・内房線・横須賀線・総武本線・千葉都市モノレールと様々な路線が乗り入れており、千葉県内や都心への移動も非常に便利です。東は成田空港へ45分。都心へのアクセスは総武線快速なら40分弱。さらに房総半島へは内房線と外房線が通っています。通勤や通学、レジャーにも最適な土地柄です。

ちなみに千葉駅の一日の利用者数は10万人前後ですから、地方都市というよりは東京郊外の都市といった方がよいかもしれません。

都心のベットタウンである柏や市川あたりと比べると不動産相場がリーズナブルに思われるかもしれませんが、こうした利便性のある街としての顏をもつ千葉市は人気エリアであることからも、街の規模に相応の不動産相場で推移しています。都心の一等地とは言えなくとも、千葉市内の好立地な不動産なら、かなりの金額で取引がされています。

さらに注目したいのは、子育て環境の充実。千葉市全体の取り組みとして、待機児童の早期解消や各種子育て支援施策の展開をしていて、小さな子供をもつ若いファミリー世代からも注目を集めています。「子どもができたから一軒家を建てたい」というファミリー層には非常に魅力的な土地といえます。

市内にある公園の数は約1,000ヶ所。これは首都圏の主要な市のなかでも倍近くあり、緑が豊富といわれる所以です。また、いなげの浜や検見川の浜、幕張の浜といった人工海岸は日本一の規模を誇っています。

大都市でありながらも、農地や山林も豊富にある千葉市は、都会的な生活と自然あふれる環境をともに得たい人たちからも人気があります。

千葉で不動産査定を行うメリット・デメリット

メリット

千葉にはたくさんの不動産会社があります。そのため、様々な業者が比較できるのは大きなメリットだといえるでしょう。

ただ、たくさん種類があり過ぎるので、どの不動産会社を選べば良いのかわからず、悩んでいる方もいるかもしれません。査定を依頼したからといって必ずしもその業者に仲介を依頼する必要はないので、できるだけ多くの不動産会社に問い合わせをし、査定額について確認してみましょう。

どの不動産会社もできるだけ多くの不動産を取り扱いたいと思っています。つまり、各不動産業者が競い合ってくれる可能性が高いということ。

もちろん、高い査定額を出してくれた所が必ずしもその金額で販売に成功するかはわかりませんが、相場よりも高い査定額を出してくれる業者が見つかりやすいのは大きなメリットだといえるでしょう。

他のメリットを活かすためには不動産査定を行う際に複数の業者に対して査定を依頼することが欠かせません。1社のみに査定を依頼したとしても、その業者が相場よりも高い査定額を出してくれているのかどうかはわかりませんよね。

複数業者に査定をお願いすることにより競い合いも発生しますし、何よりどの業者が高い査定額を出してくれるのか一目でわかります。

複数の不動産会社に査定を依頼すると各業者の今後の不動産の値動きについても予想を聞けるでしょう。千葉県は全国的に見ても平均地価が高い傾向にあり、特に船橋市潮見町や柏市青田新田飛地も地価が高いです。

これらの地域に不動産を持っている場合などは今が売り時と考える不動産会社も多いので、早い段階で相談してみてくださいね。

その他のエリアについても不動産売却が活発に行われているため、タイミングを逃して高く売れる時期を逃してしまった…といったことがないようにしましょう。

不動産の価値は実際に査定をお願いしてみなければわかりません。自分ではほとんど価値がないだろう…と思って査定を見送っていた不動産が思わぬ価値を持っている可能性も十分にあるのです。査定というと少し面倒に感じてしまうこともあるかもしれませんが、専門的なことはすべて不動産会社の方で行ってくれるので心配はいりません。年数が経過して不動産の価値が落ちる前に査定をお願いしてみましょう。

デメリット

千葉で不動産査定を行うデメリットはほとんどありません。むしろ、早い段階で不動産査定を行わなかったことのデメリットの方が目立ちます。手放したいと思っている不動産がある場合、早めに査定をお願いして売却を検討してみてくださいね。

査定を迷っている方の中には、家がかなり古くなっており、買い手が見つかるか不安…という方もいるようです。しかし、千葉県は東京へのアクセスも便利であることから土地だけを見た場合も価値が高い地域だといえるでしょう。

建物自体の価値がなかったとしても土地の価値はあります。

鉄道の近くに不動産がある場合は購入者が見つかりやすい傾向にあり、不動産としての価値も認めてもらえる可能性もあるので早めに査定をお願いしてみてくださいね。

査定を依頼する際にはできるだけ多くの会社に依頼することが重要だとご紹介しましたが、この場合のデメリットを押さえておかなければなりません。それは、複数の不動産会社から次々に連絡が入り、混乱してしまう可能性があるということ。

特にメールではなく電話で連絡が入るとどこからどのような連絡が入ったのか整理できず、パニックになってしまうこともあるかもしれませんね。

そういった場合は、不動産会社に問い合わせをする際にメールで返信をお願いしてみるのも一つの方法です。メールであれば届いた情報を後からゆっくり一つ一つ確認できます。

千葉で不動産査定に関するメリットとデメリットを比較するとメリットのほうが大きいので、売却を検討している方は前向きに考えてみましょう。