HOME » 【エリア別】千葉市の不動産売却事例まとめ

【エリア別】千葉市の不動産売却事例まとめ

千葉市内を区毎に6つのエリアに分けて、地域情報や不動産売却事情をそれぞれ調査してみました。ぜひチェックしてみてください。

エリア毎にみる千葉市の不動産売却事情を調査

千葉市の地図千葉市を区毎に6つのエリアに分けて、それぞれの地域情報や不動産売却事例を調査してみました。区毎に紹介しているので、それぞれの地域で売却をお考えの方の参考になると思います。

千葉市は交通の便が意外とよい地域としても知られています。千葉駅からは、中央総武線・内房線・横須賀線・総武本線・千葉都市モノレールと様々な路線が乗り入れており、千葉県内や都心への移動も非常に便利です。東は成田空港へ45分。都心へのアクセスは総武線快速なら40分弱。さらに房総半島へは内房線と外房線が通っています。通勤や通学、レジャーにも最適な土地柄です。

ちなみに千葉駅の一日の利用者数は10万人前後ですから、地方都市というよりは東京郊外の都市といった方がよいかもしれません。

都心のベットタウンである柏や市川あたりと比べると不動産相場がリーズナブルに思われるかもしれませんが、こうした利便性のある街としての顏をもつ千葉市は人気エリアであることからも、街の規模に相応の不動産相場で推移しています。都心の一等地とは言えなくとも、千葉市内の好立地な不動産なら、かなりの金額で取引がされています。

さらに注目したいのは、子育て環境の充実。千葉市全体の取り組みとして、待機児童の早期解消や各種子育て支援施策の展開をしていて、小さな子供をもつ若いファミリー世代からも注目を集めています。「子どもができたから一軒家を建てたい」というファミリー層には非常に魅力的な土地といえます。

市内にある公園の数は約1,000ヶ所。これは首都圏の主要な市のなかでも倍近くあり、緑が豊富といわれる所以です。また、いなげの浜や検見川の浜、幕張の浜といった人工海岸は日本一の規模を誇っています。

大都市でありながらも、農地や山林も豊富にある千葉市は、都会的な生活と自然あふれる環境をともに得たい人たちからも人気があります。